戻る

下水道を整備 浸水から守る

貯留・浸透

プレキャスト式雨水地下貯留施設 プレキャスト遊水池

一般財団法人土木研究センター建設技術審査証明取得
公益財団法人日本下水道新技術機構「プレキャスト式雨水地下貯留施設技術マニュアル」
特長
雨水地下貯留施設技術マニュアルに掲載されており、信頼性が高くもっとも実績豊富な雨水貯留施設です。河川地域の保水湧水機能の低下、水質汚濁等の有力な対策として雨水流出抑制があります。
プレキャスト遊水池は雨水流出抑制施設を地下に設け、地上を公園、運動場、駐車場等多目的に利用できます。

11つの土地に2つの機能
遊水池を地下式にすることにより、限りある土地を有効に利用できます。遊水池の上部は、校庭、駐車場、公園などとして活用されます。

2工期短縮、コストダウン、作業環境の改善
プレキャスト部材を組み立てるだけでほぼ施工が完了するため、工期短縮、作業環境および周辺環境の改善が図られます。
プレキャスト化はトータルコストの削減につながっています。

3生活用水、防火用水など貯留雨水の多目的利用
遊水池は雨水流出抑制施設としてだけではなく、貯留雨水を生活用水、防火用水など多目的に利用することも可能です。また、震災時の防災拠点としても大変大きな役割を果たします。

4雨水浸透施設として利用
底版部を砕石等に置き換えることで、浸透施設としても利用が可能です。(公社)雨水貯留浸透技術協会と共同で浸透能力評価式を作成しております。

5敷地形状に合わせた自由な設計
都市部では地下調整池の設置場所が問題になることがあります。プレキャスト遊水池は、プレキャスト部材を敷地形状に合わせた自由な設計が可能です。

一般財団法人土木研究センター建設技術審査証明取得
公益財団法人日本下水道新技術機構「プレキャスト式雨水地下貯留施設技術マニュアル」
種類

スタンド型タイプ

ボックス型タイプ

一般財団法人土木研究センター建設技術審査証明取得
公益財団法人日本下水道新技術機構「プレキャスト式雨水地下貯留施設技術マニュアル」
規格

スタンド型タイプ(地下水あり)

スタンド型タイプ(地下水なし)

ボックス型タイプ

一般財団法人土木研究センター建設技術審査証明取得
公益財団法人日本下水道新技術機構「プレキャスト式雨水地下貯留施設技術マニュアル」
施工手順
一般財団法人土木研究センター建設技術審査証明取得
公益財団法人日本下水道新技術機構「プレキャスト式雨水地下貯留施設技術マニュアル」
付属施設例
一般財団法人土木研究センター建設技術審査証明取得
公益財団法人日本下水道新技術機構「プレキャスト式雨水地下貯留施設技術マニュアル」
カタログ
テキストのコピーはできません。