戻る

建物と住環境の充実を図る

宅造擁壁

大地震対応 大臣認定擁壁 HDウォール

取扱地域: 東北 関東 東海 関西 四国 北陸 中国
特長
HDウォールは、宅地造成等規制法施行令第14条の規定に基づき、国内初で、大地震(水平震度kh=0.25)に対応した大臣認定擁壁です。地震に強い家と共に、安全で安心な宅地とすることで、優良な住宅を支えます。

1国内初の大地震に対応した大臣認定擁壁
宅地造成等規制法施行令第14条に基づき、国内初で、大地震(設計水平震度kh=0.25)に対応した大臣認定擁壁です。

2安心の大臣認定製品で手続きも簡素化
大臣認定を取得していますので安心してご使用いただけます。また、認定条件内であれば新たな設計・計算等の手間が不要で、計画から認可までの手続きが簡素化されます。

3工場認証による確かな品質
HDウォールの製造工場は、公益社団法人全国宅地擁壁技術協会による製造工場認証を受けているため、製造・工程・管理などの品質も保証されています。

4100年の耐久性
鉄筋は4cmのかぶり厚が確保されていますので、100年の耐久性を有しています。(建築研究所におけるコンクリートの中性化実験結果より)

5経済的な規格選定が可能
HDウォールは100mmピッチで高さ規格を取り揃えています。250mmピッチで規格化された従来の認定擁壁と比較して断然、規格選定が経済的となります。土工事量も減少しますので、更に経済的となります。

6フェンスの取付けが可能
鋼製枠埋込み対応(オプション)で天端に直接フェンスの取付けが可能です。貴重な土地を有効にご利用いただけます。

『宅地防災マニュアル』における大地震に際する基本目標
『人命及び宅地の存続に重大な影響を与えないことを耐震対策の基本的な目標とする』

設計条件

● 適応土質および積載荷重

1背面土および基礎地盤の内部摩擦角については25度以上であること。ただし、土質試験により現況を確認しない場合には、背面土については宅地造成等規制法施行令別表第2による「砂利又は砂」、基礎地盤については同別表第3による「岩、岩屑、砂利又は砂」に該当する場合のみ使用することができるものとする。
2擁壁上面の水平面上の積載荷重は、10kN/m2を越えないこととし、埋戻し土の沈下を見込んだ余盛り以上の土羽を設けないこと。

標準施工断面図

取扱地域: 東北 関東 東海 関西 四国 北陸 中国
標準規格

標準製品

90°コーナー用製品

135°コーナー用製品

基礎材数量(標準製品)

必要地耐力(標準・化粧付き)

取扱地域: 東北 関東 東海 関西 四国 北陸 中国
標準歩掛
取扱地域: 東北 関東 東海 関西 四国 北陸 中国
築造仕様

HDウォールの構造にあたっては、背面及び基礎地盤の土質条件により築造方法などが異なりますので、施工場所の土質を十分に把握してください。

1必要根入れ深さについて
岩盤に接着して設置する場合を除き、次の通りとしてください。

2役物製品の対応について
標準規格寸法外の製品への対応については、次の通りとしてください。

3フェンス設置について
フェンス設置については、以下の方法によりフェンス支柱と前壁を一体化して施工することができます。
なお、フェンス高さについては、2mを限度とし、その見付面積率は65%以下としてください。

4コーナー部の対応について
隅角部の施工は、プレキャスト製品の使用可能な箇所については、プレキャスト製品を使用し、それ以外の箇所は『宅地防災マニュアル解説・解説編㈵』に従って、現場打ち構造としてください。

5施工時の留意点(埋戻し時等)
高さ規格の変化点やコーナー部など、プレートによる製品間の連結ができない箇所が生じる場合があります。この場合、埋戻し時の転圧などによる製品のズレが生じないように、十分注意してください。

取扱地域: 東北 関東 東海 関西 四国 北陸 中国
オプション

壁面化粧例

※1 標準仕様は滑面(壁面化粧なし)です。
※2 その他化粧模様に関してはお問い合わせください。

取扱地域: 東北 関東 東海 関西 四国 北陸 中国
施工事例
取扱地域: 東北 関東 東海 関西 四国 北陸 中国
カタログ
テキストのコピーはできません。